スマートフォン解析

新発売した吉野家の「黒カレー」を食べてきた

5月8日から吉野家で新しく「黒カレー」の販売が開始されました。

なんでも15種類のスパイスを配合した本格ルーで仕上げたカレーだとか。

 

黒いカレーなんて見たこともなく、気になったので早速食べにいってきました。 

f:id:s7251:20170510180700j:plain

 

 

 

黒カレーの見た目

見た目は、こんな感じです。 

f:id:s7251:20170510202133j:plain

写真で見るとそうでもないですが、実物は結構ドス黒いです。

今回は、チーズカレーを選んだので、上にチーズがかかっています。

ちなみに普通のカレーの値段+100円。

  

 

価格について

まず最初に現時点で各チェーン店が出しているカレーの最安値を見てみましょう。

 

  • 吉野家⇒黒カレー 並 350円
  • すき家⇒ポークカレー 並 450円
  • 松屋⇒新オリジナルカレー 並 380円
  • なか卵⇒プレミアムビーフカレー 並 690円

上記のように吉野家の黒カレーが一番安くなっています。あえて最安値を設定したんでしょうね。

 

とはいえ当然入っている具やスパイスなども違うでしょうし、安いから良いってわけではないですけどね。

ただ、やっぱりカレーで400円超えてくると他のメニューにしようかなってなると思うので、カレーを安く設定するのは個人的には良い判断だと思いました。

 

 

 

味について

正直な所、微妙です。

レトルトの域は出ていない感じですね、、、、。

 

カレー自体は、結構辛いので、辛いのが苦手な方は、やめといたほうがいいかもしれないです。

また、トッピングのチーズがないと味が単調過ぎて飽きてくる可能性が高そう。

 

個人的には何かしらは、トッピングしたほうがいいかと思いました。

そもそもこの黒カレーには具が一切入っていないので、吉野家側もトッピング前提で作ってるのではないかなと。 

 

 

最後に

今回の黒カレーをリピートするかと言われればしないです、、、、。

ごめんなさい吉野家さん。このカレーは、僕の口には合いませんでした、、、、。

 

もう少し値段を高くしてもいいので、美味しくしてほしかったですね。

各チェーン店の中で今の所一番吉野家のカレーが美味しくないと思います。

一番安いのでしょうがないのかもしれませんが、ちょっと今回のカレーは残念でした。

 

ただ、僕の口には合わなかったっていうだけでシンプルなスパイスだけが効いたカレーが食べたいという方には良いのかもしれません。

 

それに値段を考えるとこんなものなのかなって気もします。

これが800円とかだったら怒ってたかもしれませんが、500円もしないですからね。

 

とりあえずやっぱり吉野家では牛丼を食べるのがベストだと改めて実感しました。