ねぎログ

都内のIT企業に勤めるサラリーマンが本音を綴るブログ

【派遣】リツアンのデメリットについても語る

突然ですが「リツアン」という会社をご存じでしょうか? f:id:s7251:20180317214903p:plain

この会社は、派遣会社なのですがピンハネをしない業界No.1の給与水準の会社と宣伝をしています。

ritsuan.com

 

最近では、大手Webメディアである「ねとらぼ」にも記事を出しており、ツイッター等での評判を見てみるとこの会社に対して好意的な意見がほとんどでした。

nlab.itmedia.co.jp

 

一般的に派遣会社っていうのは「悪」そのものであり、ピンハネしているっていうイメージしかないんだなっていうのを改めて認識しました。(あながち間違ってないですが)

僕は、このリツアンの存在自体は1年ほど前から知っており、当時色々と調べていましたし実は面接に行ったこともあります。

 

その時の思いとしては、リツアンってマージン率低いから給料も高いし、派遣会社に出す週報もないし、レクリエーションも無いしこの会社最高じゃん!って感じでした。

 

転職サイトとかで評判調べてみてもみんな給与上がって幸せそうだし、他の派遣会社はピンハネブラック企業だ!ぐらいの思想になっていました。

 

だけどよく考えてみると「マージン率が低い=給与が高い」という式は成り立ちますが、「マージン率が低い=良い会社」ということにはならない事に気付きました。

そしてそれに気付かずにリツアンに入ろうって考える僕みたいな人も少なくないのかなと。

 

ということで今日は、派遣会社「リツアン」のデメリットについても語っていきたいと思います。(メリットは、探せばいくらでも出てくるので割愛) 

 

福利厚生が弱い

リツアンの福利厚生は、派遣会社として一般的なものは一通り揃ってはいます。(通勤手当、残業手当、社会保険等)

 

ですが、住宅手当、退職金、財形貯蓄、家族手当、持ち株会制度、保養所等は一切ありません。

まあ、当然なんですけどね、、、、そこを全部取っ払って給与に回しているので。

 

研修が無い

研修制度が一切ありません。

研修がしっかりしている派遣会社だとIT技術の研修はもちろんのことビジネスマナー研修、コンプライアンス研修、リーダー研修等の様々な研修を受けることができます。

 

こういう研修を普通にスクールとか行って受けると何十万とかかったりしますが、それをいざ自分で払うかって言われたら払いたくないですよね。

 

待機期間中の不安について

特定派遣の社員には「待機期間」と呼ばれるものが存在します。(業界用語かも)

 

簡単に説明すると例えばあなたがリツアンに内定を貰い3月1日から無職だとして派遣先を探してもらうとします。

そして派遣先が決まったはいいものの4月1日から来てほしいと言ってきた場合3月中は仕事ができませんよね?

当然その間は待機して時が経つのを待たなければいけません。それが「待機期間」と呼ばれるものです。

 

で、肝心なのはそこの「待機期間中」のお給料についてです。

普通にマージンを取っている会社であれば待機期間中でも給与が全額もしくは一部出たりするので、生活は普通にできます。

 

でも、ここまでマージン率が低いと待機中の給与についてはどうなっているのだろうか不思議に思います。

なので、入社前にここは必ず聞いておいたほうが良いと思います。

 

 

案件に対する不安について

事実として知っておいたほうが良いのが「派遣先は派遣会社を見て取るかどうかを判断する場合がある」ということです。

要は派遣元の会社規模が大きかったり、良い人材を派遣してくれた実績が多くある会社からしか取らないケースがあるということです。

 

また仮にそうでなかったとしても「一部上場していてフォロー体制が整っている派遣会社」と「リツアン」の両方が派遣先に営業をかけたとします。

 

しかし募集している人は1人だけですという場合に相手側が「リツアン」を選ぶメリットって何かありますか? 

上司に派遣会社を決めた決め手を聞かれて「リツアン」を選んだ理由をスムーズに説明ができますか?

 

逆に一部上場していてフォロー体制が整っている会社であれば「一部上場してて信用もできますし、フォロー体制が整っているみたいなので」って説明で納得もしてもらえますよね。

なのでマージン率が高くても良い会社に派遣されたいと思う人は、そちらに行くべきだと思います。

 

 

 

最後に

リツアンは、特定派遣というよりもフリーランスに近い働き方の会社だと認識をしておいたほうがいいです。

 

なので、最低限上記で上げたデメリットをちゃんと理解した上で入社するのであればリツアンはとても良い会社だと僕は思います!

 

勘違いしてほしくないのは、決してリツアンが嫌いだとかそういうことではないってことです。むしろエンジニアにお金を還元するという姿勢は好感がもてます。

でも、何の考えもなしにマージン率が低いってだけでリツアンに入る人が増えるとその人自身もリツアンも不幸になると思い、今回記事を書かせていだきました。

 

マージン率が高い=エンジニアから搾取してるっていう一方向の考え方は危険です。

まあ、実際エンジニアから搾取だけして全く還元してないって会社も多くあるのは事実なんですけどね。

 

そういう会社に釘を刺すという意味でもリツアンには頑張っていってほしいとは思います。