ねぎログ

都内のIT企業に勤めるサラリーマンが本音を綴るブログ

パワハラを受けているあなたへ

今日は、会社でのパワハラについて僕の意見を語っていこうかなと思います。

 

まずはじめにパワハラを受ける側は悪くないということを声を大にしていいたい!

f:id:s7251:20180421094153j:plain

僕は、以前パワハラがある職場に勤めていたことがあるんですが、そのパワハラの被害者に話を聞くとみんな揃って「自分が仕事でミスしたから何言われてもしょうがない」とか「上司の言ってること自体は間違ってないから」みたいな寝言を真顔で言います。

 

 

自分に落ち度があったら何をされてもいいのか?

パワハラを受けている人にありがちな考え方の一つに自分自身に少しでも落ち度がある場合には何を言われてもしょうがないという考え方があります。

そしてパワハラする方もする方で”怒られるようなことをするこいつが悪い!だから何をしてもいい”と思っている思想の相思相愛が日本全体で完成してしまっているというまさに地獄絵図。

 

 

落ち度があったら何されてもいいなんてそんなわけないんですよ!

どんな世紀末なんですか一体!

 

例えば万引きしやすい店があったら万引きしてもいいんですか?だめでしょう!

女性が街を裸で歩いてたら触っても罪にならないんですか?なるでしょう!

 

 

パワハラを受ける側は我慢をしすぎな件

基本的にパワハラ受けている人達は、我慢しすぎです。

 

この程度じゃパワハラにならない”とか”この程度でパワハラって言ってたらやっていけないよな”って思って自分自身でパワハラのハードルをめちゃくちゃ上げてる人もいるのではないでしょうか?

 

これだけは憶えて帰って下さい。

 

セクハラと一緒であなたがパワハラと思ったらパワハラでいいんです!

 

パワハラする側や意識の高い系の人達が”最近の奴らは根性が足りなくてすぐにパワハラ扱いする”みたいな意見もありますけど、そんなの気にせず訴えて裁判所で判断してもらえばいいと思います。

それでどっちが正しいかはわかると思うので。

 

ちなみに今こんなボールペン型のボイスレコーダーも安価で手に入ったりしますので、証拠を取りたい方は是非どうぞ。