ねぎログ

低学歴の底辺のおっさんが書く雑記ブログ

上司、先輩が飲み会に出た方が良いと説教してくる理由

僕は、大学卒業後に就職してから最初の数年間は飲み会が好きじゃありませんでした。

 

世間的には飲み会に出るのはマナーという風潮がまだまだ強いように思います。

 

そのため、僕も嫌々ながらも仕事だと思い、出てはいました。

 

ただ、ある時ふと会社の飲み会が楽しくなってきて、積極的に参加するようになった時があったんです。

 

いつそういう風に変わったかっていうと上司と楽しくコミュニケーションが取れるようになり、自分自身に後輩ができた時です。

 

もっと端的に言うと飲み会に出て自分が楽しくなったからです。

 

自分が今まで飲み会に出たくなかった理由って「気を遣うから」ってのと「楽しくないから」なんですよね。

 

会社での飲み会を企画する人達って自分達が楽しいから飲み会を開いているわけですよね。

 

そして思ったのが上司や先輩が飲み会は出た方が良いとか飲み会は大事っていう理由って自分達が楽しいからっていう理由以外にないと思うんですよ。

 

で、後輩が参加しないと自分自身の気持ちに水が刺されたような気がして嫌なんですよね。

 

その気持ちが100%なのに関わらず「飲み会は仕事」とか「飲み会は大事」って説教して参加させるのってだめですよ。

 

飲み会は自分達が楽しいからやってるって自覚しないといけないと思います。

 

本音を話さずに変に理由をつけて参加させようとするから飲み会が嫌いな人が増えるんじゃないかなって僕は思ってます。

 

自分達が楽しいから飲み会をやってるって素直に言いましょう皆さん。

 

 

僕は、そうすることにしています。

 

飲み会に来たくない人は来なきゃいいし、飲み会に来たくなってくるようになったら来ればいいそんな社会になっていけばいいですね。

 

こういうものの考え方をしていて思ったのは、実際は自分が楽しむことが目的なのにその目的をすり替えて他人に押し付け、行動を強要するって無意識のうちにしてたりする人が多いんじゃないかなって事です。

 

皆さんも各自、考えてみてはいかがでしょうか。

 

結論

上司、先輩が飲み会に出た方が良いと説教してくる理由は、ただ一つ「俺を楽しませる為にお前も来い」です。

 

以上です。よろしくお願いします。