31歳の底辺が結婚について考えてみた

ついに僕も31歳になり、周りの友人も結婚している人が増えてきたし、結婚相手を探す人も増えてきました。

 

僕が20代の頃も結婚している人はいたが、遠い世界の話であり、自分自身の結婚の事なんて微塵も考えてきませんでした。

 

ただ、最近になってふとヤバいんじゃないかって思うようになってきた。

 

何がヤバいかって「まあ、一人でもいいし」っていう気持ちもそうですし、実際に結婚相手を探すにしても自分が相手に特別な何かを与えてあげられることはないと思うからだ。

 

例えば学歴、高収入、話が面白い、顔が良いとかどれかしら僕にバリューがあればいいがそんなものは僕にはない。

 

そしてマッチングアプリを見てみると高収入で学歴もありイケメンで話が面白そうな人がめちゃくちゃ沢山いる。

 

更にこういうハイスペックな男性でも女性への要求は少なかったりするから驚く。

 

低学歴、低収入、話がつまらなく、ブサメンな僕を選ぶ理由が女性には無いし、仮に選んでもらっても他の人にしたほうがいいのではないだろうかって考えてしまいそうだ。

 

こんなことを言うと「愛情」うんぬんの愛の哲学的な話が出てくるかもしれないが、それでも僕が女性側だったら間違いなくそういうハイスペックな男性を選ぶ。

 

そもそもハイスペック男性の方が「愛情」についても深いんじゃねーのかって思う。

 

 

それにしても世の中の結婚している人達は、本当に凄い。特に男性側。

 

女性側はなんだかんだ言って若くてよほどのブサイクじゃなければ引く手あまたの状態で羨ましい。

20代年収1000万以上を狙わない限りは結婚なんて簡単にできるだろうし。(自分の条件に合う人っていう意味では同等かもしれないが)

 

学生時代にもっと努力しておけばよかったと本当に思う。

 

勉強なんてめんどくさいって全然やらなかったけど、ちゃんと勉強して学歴を手に入れて良い企業に就職しておけばATMとしてでも誰かと結婚できたのになと。

 

少なくとも何かしら努力して手に入れておけば自信も持てたかな。

 

そういうのって子供の時は、どのように将来に影響を及ぼすのかってわかんないんだよな。 大人も教えてくれないし。

 

まあ、仮に子供の時に大人から勉強して良い学歴を手に入れてないと良い女と結婚できないぞって言われても信用しなかっただろうな。

 

学生時代ってなんとなくそういうのって見えてこなかったし、漫画のような「純愛」っていうものがあるってなんとなく思ってたし。

 

実際は、金、学歴、会話術、容姿が必要になってくる。

結婚するにはどれかを磨くしかない。

 

こうやって書いてると「そんなのは言い訳で私なんて年収200万で~」とか色々言われそうだが、それもまた一興やな!

 

あと、Twitterでの婚活が最近流行ってるみたいで、ハッシュタグ「#twitter婚活」見ると結構みんな募集してるね。

 

男性側も女性側も高スペックだらけで笑うしかない。

こんな中に参入なんてとてもじゃないが、できない。

 

女性でも20代とかで年収400万とか全然超えるんだなって思った。凄いね。

 

Twitterなんだし、もっと底辺同士のコミュニティを作ってくれよ・・・・。

 

俺もここで擬似Twitter婚活してみるわ


性別:男
年齢:31
身長:177
体型:痩せ型
住所:埼玉
学歴:Fラン卒
職業:現在無職
年収:300万後半(働いてた時。おそらく一生こんなもん)
お酒:飲まない
煙草:嫌い
結婚:2年~3年
子供:ほしい
性格:陰キャ
趣味:youtube見る
希望:年齢±5

 

完全に終わってます